一対一の対話

ファシリテーション

安全な場づくりのための対話(第1回):岐阜県・福祉系NPO法人様

安心して話せる場をつくり、参加者の意見を引き出し、信頼関係を構築する。組織のコミュニケーションを活性化するファシリテーションのコツや研修について知りたい方はこのページをご覧ください。
一対一の対話

【新入社員教育担当者必見!】新入社員への「教え方」セミナー開催

2/28 新人を定着させたい東海・関西の中小企業7社16人が参加 昨日は、当MiNO1ファシリテーションオフィス主催「新人が辞めず、病まず、やる気になる教え方」セミナーを開催し、7社16人の参加者を得て無事終了しました。 ...
一対一の対話

管理職・先輩社員のための「上手な教え方」研修>ユニオン電子工業様(岐阜県神戸町)

部下・後輩の力を引き出すには? 先日、岐阜県は神戸町にあるユニオン電子工業株式会社様からご相談いただき、管理職・中堅リーダー層の皆様への「部下・後輩への上手な教え方」という研修を実施致しました。 ユニオ...
一対一の対話

行列1時間待ち人気ラーメン店の秘密

先日、ある町で一番人気のあるラーメン店に行きました。午前11時過ぎに着いたのですが、休日ということもあり既に行列ができていて、待ち時間は「1時間ほどですかね」と言われました。さぞや美味しいのだろうと期待を膨らませつつ並んでいると、...
一対一の対話

部下を上手に叱るには?

部下や社員をどう叱ったらいいのか?との、管理職や経営者の方のお悩みをお聞きすることがよくあります。ある人は厳しく叱り過ぎて、相手を萎縮・反発させてしまう(ひどい場合は離職へ…😧)。一方、ある人は叱れなくて、相手の行動が変わ...
一対一の対話

「頑張ってね」、と言ってませんか?

「頑張ってね!」「頑張ろうな!」「頑張って下さい!」新入社員、部下、同僚等、相手が誰であれ、励まそうとして、こう言ってませんでしょうか?多分無意識のうちに使っている人が多いと思います。一見何も問題のない言葉に思えますが、言われる立場になっ...
一対一の対話

若手が辞めずにやる気になる教え方とは?

最近、とても残念なことがありました。お付き合いのある会社で、新入社員が立て続けに辞めたり、精神的不調から休職したりしたのです。退職した人たちは私が入社時に研修をした人たちだったこともあってショックでした。休職した人の方は面識はなかったです...
一対一の対話

教える人が言ってはいけない5つのNGワードとは?

人に何かを教える時、「イラッ」としたことはないですか?「また同じことを間違えている…」「前にも言ったのに、また聞いてきた…」「ちゃんと聞いているのかわからない…」こちらの思うように覚えてくれない時、ついイライラしてしまうことがありますよね...
一対一の対話

「なぜ」より「○○」〜ハッキリとした答えを引き出すには

なぜ、今月は売り上げ目標を達成できなかったの? す、すみません。コロナで厳しくて… もっと動いて、頑張って欲しいなぁ。 はい、なんとか頑張ります。 こんなやり取りだと、問題解決になっているで...
一対一の対話

なぜ、「なぜ?」と言わない方がいいのか?〜 問題解決の上手な聞き方

問題解決の基本は「なぜ?」を繰り返すことー大手自動車メーカーをはじめ、特に製造業の世界では言われてきた「セオリー」ですね。実は、私がかつていたマスメディアの世界でも同じで、「取材の基本は“なぜ?”だ。なぜそうしたのかを相手に聞くんだ」と、...
一対一の対話

新人研修より指導者研修が大切な理由

この時期、新入社員の研修が盛んです。私自身も登壇することがありますが、いつも思うのです。新入社員への研修は必要だけど、その先輩たちへの「教え方」の研修も、それ以上に大事ですよ、と。先輩、上司がどう接するか・教えるかで、新人さんたちの理解度...
一対一の対話

コーチング支援の事例(キャッチフレーズが決まった写真家Aさん)

今回ご支援したのは写真家として活躍するAさん。自分の写真家としての方向性やどうアピールしていったらいいか?というお悩みを持っておられました。Aさんにはキャッチフレーズがなかったのですが、それが決まりました。…
一対一の対話

人を着実に成長させる方法

「前に進める」ために大事なことは何でしょうか? それは、実は「後ろをふりかえる」ことです。 あなたは、進んでばかりいませんか? ちゃんと、ふりかえっていますか? 自分の仕事上の体験と、そこから得た学びを定期...
ファシリテーション

現場での対話が何よりの学び!(最近の仕事から)

最近の仕事の中で特に嬉しいことがありました。それは、研修の受講者の皆さんが職場で実際に対話をしてくれて、そこからの気づき・学びがたくさんあったことです。これには、お願いした私自身が驚き、ちょっとした感動を覚えました。その研修の依頼主はある...