人を着実に成長させる方法

岐阜 愛知 名古屋 東海 ファシリテーション スキル コツ ファシリテーター 会議 web会議 司会 進行 アジェンダ 議題 テーマ 話し方 意見 質問 引き出す テンプレ 上手い人 管理職 経営者 リーダー リーダーシップ チーム 心理的安全性 合意形成 研修 組織 人材育成 コミュニケーション オンライン zoom おすすめ オススメ 中小企業 NPO 介護 学校 病院 教育 一対一の対話

「前に進める」ために大事なことは何でしょうか?

それは、実は「後ろをふりかえる」ことです。

あなたは、進んでばかりいませんか?

ちゃんと、ふりかえっていますか?

自分の仕事上の体験と、そこから得た学びを定期的にふりかえっていますか?

部下と対話して、学びをふりかえるサポートをしていますか?

それをすれば、着実に成長していけると思います。

逆に、いつも業務に追われて「ふりかえり」をすることなく「進んで」ばかりいれば、
一見成長しているように見えて、実は中身は変わっていないということもありえます。

私は、グループの対話支援(ファシリテーション)の他、時にコーチング
(一対一の対話による成長支援)もしています。

一対一の対話は、より深く相手を知ることができ、

相手の考えを明確にして、目標達成を支援できるメリットがあります
(特に組織のトップには大事なことです)。

また、自分自身が、信頼できるコーチをつけて、2週に一度のペースで
話を聴いてもらっています。

そのセッションで、2週間の体験をふりかえり、成功からも失敗からも
教訓としての「学び」を自分の中に落とし込むことができています。

それによって、自分の成長を実感し、自信が高まり、次にやるべきことが
明確になって、さらに挑戦する意欲が湧いてきます。

もちろん、上手くいくには、コーチ(聴く人)の上手な聴き方、質問、
相手を応援する姿勢があればこそです。

私のコーチは私が学んだのと同じ専門機関でトレーニングを受けたプロですが、
プロでなくても、上司として、「しっかり聴こう、しっかり支援しよう」という姿勢があれば、
部下と信頼関係を築き、成長を促進することは、必ずしも質問スキルが高くなくても可能です。

こういう対話のことを、コーチングと言ったり、
最近は「1 on 1 ミーティング」と言ったりしていますが、私はその良さを実感しています。

そのポイントは、以下の3つです。

⒈ 1回は短く、定期的に行うこと(15分〜30分、1ヶ月に1回など)

⒉「半公式」な気楽な場にすること(評価面談のような公式な対話ではなく)

⒊ あくまで「部下が主役」ということ(部下に話してもらうことが中心)

どんな組織でもこうした「1 on 1 ミーティング」を導入することをお勧めします。

興味はあるがやり方がわからない、という方は、お気軽にご相談下さい。
(トップページ下部のフォームより)

コメント