行列1時間待ち人気ラーメン店の秘密

ブログ


先日、ある町で一番人気のあるラーメン店に行きました。


午前11時過ぎに着いたのですが、休日ということもあり既に行列ができていて、
待ち時間は「1時間ほどですかね」と言われました。


さぞや美味しいのだろうと期待を膨らませつつ並んでいると、
女性の店員さんが何度も列に来て、人数を尋ね、注文を先に取り、
お客さんの質問に答えていました。


さて、1時間余り経ち、無事店に入ってカウンターに座ると、
店主とおぼしき人が開口一番語りかけてきました。


「長い時間お待たせしてすみませんでしたね。ごめんなさいね」


私は、こういう言葉を全く予想していなかったので、
麺食らって、じゃなくて、面食らって何も返せず頷いただけでした。


普通、人気店というと、味に自信がある分客には愛想が悪かったり、
忙しさから店員同士もピリピリした雰囲気があるというイメージがあります。


ですが、この店は、店員は明るくて、和気あいあいと会話をしていました。


また、外では行列ができていても、店内には客を並ばせず、詰め込ませず、
ゆったりした、落ち着いて食べられる雰囲気があり、ちょっと意外でした。


客を大事にしているんだなと感じました。


そして、こんな会話を聞いて、この店がどんな店であるか腑に落ちました。


調理しているベテラン風の店員が、店で最年少と思える若い女性の店員に対して、
何かを指示する度にこう言っていたのです。


「あれ、もう仕舞っといてくれる?」
「あ、もうやっときました」
「そうか。ありがとう


「これ、できたから」
「はい、行ってきます」
ありがとう


私の記憶では、失礼ながらラーメン屋さんでこういう会話を聞いたことがありません(笑)。


ともすれば、先輩は後輩に、キツい言葉を投げることがありがちだと思います。


それはラーメン屋さんに限らず、どんな店でも、会社でも同じです。


一番下の立場の人に対して、やってくれたことに感謝の言葉をかける。
これはなかなかできないことです。


私は普段研修で「人に動いてほしかったら承認と感謝を」とお伝えしていますが、
正にそれを自然体で実践している感じでした。


ここまで、味のことには全く触れませんでしたが、
もちろん、味は絶品でした。


行列ができるのも納得です。


ですが、私には、このお店の人気の秘密はそれだけではなく、その根底にある
味をそこまでの味にした「謙虚さ」であり、人を大事にする姿勢であると思いました。


「関係の質が成果の質を決める」という
「組織の成功循環」の法則を目の当たりにした気がします。


あなたは、部下に、同僚に、あるいは子供に、
ありがとう」と言っていますか?


人気店から学べることでした。

コメント