意見が出ないのはなぜ?

ブログ





「若い社員が会議で意見を言ってくれない…」


と言ったお悩みの声を、中小企業の経営者や管理職の方から、
会議ファシリテーションのセミナーの場でよくお聞きします。


「え、なぜ…?」と言うより、多分、日本では、残念ながら、
それが当たり前、普通の状態です(笑)。


何もしなければ、自然とそうなるでしょう。


社会全体が今でもまだ「上下意識」の強い社会です。


元々ある「年齢」という階層に加え、
会社組織では「役職」を元にした階層構造が加わり、
現実的に「評価」「人事権」が握られているわけですから、
いわゆる「下」の人にとって、「ものが言いにくい」はごく当然です。


「上」の人は、自分が考える以上に、
「下」の人には「恐れや不安」があることを理解する必要があります。


この「上下意識」は会社という組織でなくても、
地域の会合でも何でも、およそ人間が集まる場で生じてしまうものです。
(年齢、性別、学歴、職歴、経験年数、肩書き…)


ですので、組織でも地域でも、ファシリテーションをしようと思ったら、
まず、この「上下意識」をできるだけ和らげるということが必須です。


それには、「言わない人」がどんな心理状態でいるのかを理解することが必要です。


「何が求められているのだろうか…?」
「私なんかが言っていいのだろうか…?」
「私の意見は的外れじゃないだろうか…?」
「怒られないだろうか…?」「バカにされないだろうか…?」
「うまく言えるだろうか…?」


総じて「不安」なのですが、細かく見ればいろんな点で不安を感じているものです。


ファシリテーターは、こうした不安を「先読み」して、
和らげる言葉をかけ、「安心安全な」雰囲気をつくっていくことが第一に求められます。


では、具体的に、どんな言葉をかけたらいいのか?何をしたらいいのか?
は、想像できると思うのですが、また次回に。

コメント